受験で失敗した人間が語る正しい目標設定法

こんにちはボンドです。

 

先日、机の中を整理していたら、赤色で巨大に

 

「1日20単語覚える!!」

 

と書かれた紙が発掘されました。

 

な、なつかしい、、

僕が受験生だった時に作った目標ですね。

何も考えずに1日20単語とか言ってました苦笑

 

20×100日 = 2000文字じゃね!?

みたいなノリでしたね。

 

人間の記憶はそんなに単純じゃないんですけどね〜

なんて浅はかなんだ、過去の自分、、、

 

正しい目標設定をしていなかった僕は

センター試験の英語で悲惨な目に会いましたとさ、、

 

というわけで今回は←

今回は正しい目標設定の方法と、達成術について話していきます。

 

目標設定はできるだけ具体的に

 

僕が昔たてた「1日20単語」という目標は、

明確な期間を設定していませんでした。

 

なんとなく本番まで続けばいいな〜的な?

浅はかすぎて逆に引く的な?

 

目標というのは、達成した瞬間を想像できなければいけません。

想像もできないようなフワフワした夢物語を語っても絶対に達成されないんですね。

 

よく自己啓発本にある、「目標を紙に書き出せば叶う」みたいな奴は

正しくなくて、正確には

 

「具体的に道筋を想像できる目標は紙に書き出せば叶う」

だと僕は思っています。

 

だって、本当に「目標を紙に書き出しただけで叶うんだったら」

 

「月収1000万」「1ヶ月で10キロ痩せる」「1日20単語覚える」

とか書いとけば勝手に達成されるってことになりますよね?

そんなことはありえないわけで、もしそうだったら世界は成功者で溢れてるはずなんです。

 

目標は具体的に創造できる範囲で書き出す、

つまり、目標までの道のりを具体的に逆算して決めていく。

 

これが目標達成には大事なんですね。

 

もちろん道は途中で適時訂正していってもいいですよ。

最初から完璧な道筋なんてできないので、

逆算して考えるということが大切なんです。

 

目標を日々のレベルに落としこむ

具体的な目標への道筋がぼんやりでも見えてきたら、

それを1日のレベルに落とし込みましょう。

例えば

「1日20単語覚える」とかだったら、

 

「今日は単語帳の1~20番まで覚えて、

明日はそれをさらっと復習しながら20〜40番まで覚える」とかね

 

なぜこんなことをするかって言うと、

こうやって毎日目標に一歩ずつ近づいているという感覚がないと

人って飽きて途中でやめちゃうんですね。

 

雲をつかむような感じで毎日進んでも辛いだけですから、

「俺は一歩づつ」進んでいるということを毎日自覚できれば

途中で投げ出すことも少なくなります。

 

まぁ、

目標をたてる →  達成する

というプロセスに慣れることで、成功達成くせがつくと言うメリットもありますね。

 

目標を紙に書き出す、人に話す。

これは自己啓発的な話ではなくて、

単純に「忘れない」ためです。

 

人間は忘れる生き物です。エビングハウス忘却曲線を知っている人はわかると思いますが、

人は〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜忘れます。

 

だからいくら目標を具体的に設定して、日々の目標まで設定したとしても、

それを書き出して目のつくところに置いておかないと

「忘れて」しまうんですね。

 

せっかく最高の目標設定ができたのに忘れてしまったら全く意味がありません。

時間の無駄です、無意味です。

だから、紙に書き出してください。

 

具体的な目標までの道はノートやマインドマップに書いておくといいですね。

僕はそうしてます。

あと日々の目標はタスク管理ツールで管理してますね。

Trelloとか、todolistとかがメジャーなタスク管理サービスです。

 

人に言うのは、自分を追い込む意味で言うんですけど、

 

最も効果的な方法は

がっかりさせたくない人、失望させたくない人に宣言することです。

別にどうでもいい知人に宣言したところで、あまり効果はないんですね。

 

「もし、自分が宣言した目標を破ったらこの人に失望されてしまう、

それだけは絶対に嫌だ!!!」

という相手に宣言することをお勧めします。

 

誰もが見落としがちな目標達成に一番大切なこと

 

ここまで

目標設定はできるだけ具体的に

目標を日々のレベルに落としこむ

目標を紙に書き出す、人に話す。

 

 

という3つのステップをお伝えしましたが、

実は目標達成にはそのほかにも大事なことがあります。

 

それは

「なぜ、その目標を達成したいのか?しなければならないのか?」

つまり、その目標を達成する必要性を明確にするということです。

 

人は必要性のないことに取り組む場合

必ずモチベーションという化け物に

邪魔をされます。

 

これが結構やっかいで、

 

別にやんなくてもいいかな〜

そんな気持ちに一度負けたが最後、

その目標が達成されることは一生ありません。

 

だからこそ、なぜその目標を達成する必要があるのか?

例えば

「1ヶ月で10キロ痩せたい」とかだったら、

好きな人に振り向いてもらいたいから、アプローチする勇気が欲しいからとか

 

「早起きする」だったら、

早起きして、独立するための勉強をして、来年には必ず今の会社を独立するとか

 

とにかく、その目標を達成しなければいけない理由を作って欲しいんです。

その理由が強ければ強いほど、目標達成は現実のものとなってきます。

 

ぜひ考えてみてください。

 

では今回はこの辺で