質問力を鍛えれば、周りの人に一目置かれる!「こいつできるな」と思われる方法とは?

 

こんにちは、ボンドです。

 

最近ふと思ったんですが、

「なにか質問はありますか」という質問に対するみんなの反応は

8割ぐらいの割合で「沈黙」だろうな〜と

 

「なにか質問はありますか」

シーーーーーーン

「では次に進みます」

 

もう何度この場面に遭遇したことか、

そろそろデジャブのレベルを超える気がする笑

(ちなみに僕は後からこっそり聞きにいくというスタイルです。)

 

まぁ、なんでこんなことが起こるかっていうと、

 

1、まず単純に質問がない(というか興味がない?)

 

2、周りの空気を読んでしまって聞きたいんだけど聞けない

 

3、質問力がないから質問するのが恥ずかしい(そんな簡単なことを聞くの?みたいなことを思われそう、と考えてしまって動けないパターンですね)

 

2、の場合はけっこう複雑な話になってくるので、

今回は、

3の

質問力について話していきます。

質問力とはなんぞや?

 

質問力とは質問する力です。

以上

 

 

いやさすがにそんな無責任なことしませんよ笑

 

僕が考えるに、質問力とは

「正しい質問をする力」のことです。

 

子供だったら話は別なんですが、

独立した大人の場合は、分からないことは何でも聞けばいいというわけではありません。

 

「いや、それはgoogle先生に聞いて」

と言われるような質問をしてはいけないということです。

 

実際けっこうこういう人いますからね。

「分からない教えて」みたいな感じの人

 

いや調べろよ、考えろよ、みたいな

 

質問力を鍛えるには

「分からないことはまず自分の頭で考える」

というプロセスを挟まなければいけないのです

 

ダメな質問と、正しい質問。

 

ダメな質問は「google先生に聞けば分かること」もそうなんでが、

もう少し広い意味でいうと、

 

「現状の問題」に対する「解決策」=「答え」だけを求めることがダメな質問の仕方です。

 

例えば、

アメブロに登録の仕方が分かりません。教えてください」

のような感じですね。

 

この質問の何が悪いか分かりますか?

 

こういう質問をする人は

「分からないから答えちょうだい」という考え方で質問しています。

 

まず、安易に答えを求めるってことがダメですね。

加えて、求めれば簡単に答えが与えられるというマインドがまずいです。

 

「まず自分で考えろよ」と言われかねない危険な質問です。

加えて、こういう

「分からないから答えちょうだい」という考え方だと

一生問題解決能力が身につかないんですね

 

問題解決能力が身につかないまま、社会出ると悲惨な目に会いますよ〜

怖いですよ〜

「なにこれ?ちゃんと考えたの?」ってきつい声で言われたら、、、、

なんか嫌ですよね←

 

正しい質問の仕方

さっきすぐ答えを求める思考はダメだと言ったんですが、

 

そもそもこの世界に明確な答えなんてありません。

いや痛いやつとかじゃないですからね、

 

真面目な話、人によってぶち当たってる問題や環境は違うわけだし、

 

そうすれば当然その問題に対する解決方法も人それぞれです。

 

だから、ただ答えを求める質問っていうのは、

問題解決能力がないやつって思われる以前に

 

無意味だってことですね苦笑

全くの無意味というわけではないですが、非効率です。

された方も困りますし、

 

では正しい質問とは何か?

例えばこういうことです。

「先日アメブロに登録しようと思ったんですが、ログインできずに登録できませんでした。もしかしたらパソコンの調子が悪いのかなと思い、再起動してみましたが結果は変わらず、試しに他のアカウントでログインしてみたらうまくいきました。私のメインアカウントだけが上手くログインできません。アメブロに問い合わせてはみたんですが、調査中ということです。なにか解決法などはないでしょうか?」

 

どうですか?

ちゃんとしてるっぽいですよね?

多分こういう質問の仕方をする人はちゃんとしています。

 

こういう質問の仕方をする人は、

1、自分で自分の問題を分析して、

2、自分で調べて、改善しようと動き、

3、どうにも上手くいかないからアドバイスをいただけないでしょうか?

 

という流れで質問しています。

この1、2のプロセスが非常に大事で、

「自分で」というところが特に大事なんですね。

 

このプロセスを一旦ふむことで、問題解決能力が鍛えられます。

もしかしたら、1、2で解決してしまうかもしれませんしね。

 

解決しなかったとしても、

質問者が自分の具体的な状況を把握していれば、

質問された人は分かりやすいですし、

 

なにより

「こいつは自分の頭で考えることができるやつなんだな」

と思われること間違いありません!!(実際に言われるかどうかは別として)

 

1、自分で自分の問題を分析して、

2、自分で調べて、改善しようと動き、

3、どうにも上手くいかないからアドバイスをいただけないでしょうか?

 

誰か(特に目上の人)に質問するときは、

この順番で考えてみてください!

問題解決能力も鍛えられるし、一目置かれる存在になるでしょう。

 

ちょっとした補足

これまで、ダメな質問と、正しい質問について話してきましたが、

ぜひ、何度も読み返して、自分の中に落とし込んでいってください。

 

これだけで十分なんですが、

あえて1つ付け加えるとするならば、

 

「大した意図もないのになんとなく会話つなぎに質問はしない」

ということを言っておきます。

 

会話をつなぐためとかに、よく分からない質問をする人がいるんですが、

そういう質問は無駄なんでしないほうがいいかと思います。

 

会話のつなぎにはいいかもしれませんが、

そもそもちゃんと意図がないと会話自体が不毛なものになりかねないので苦笑

趣味を聞いて会話を広げるとか

 

 

どんどん質問力を鍛えて問題解決能力を鍛えていってください。

では、今回はこの辺で

受験で失敗した人間が語る正しい目標設定法

こんにちはボンドです。

 

先日、机の中を整理していたら、赤色で巨大に

 

「1日20単語覚える!!」

 

と書かれた紙が発掘されました。

 

な、なつかしい、、

僕が受験生だった時に作った目標ですね。

何も考えずに1日20単語とか言ってました苦笑

 

20×100日 = 2000文字じゃね!?

みたいなノリでしたね。

 

人間の記憶はそんなに単純じゃないんですけどね〜

なんて浅はかなんだ、過去の自分、、、

 

正しい目標設定をしていなかった僕は

センター試験の英語で悲惨な目に会いましたとさ、、

 

というわけで今回は←

今回は正しい目標設定の方法と、達成術について話していきます。

 

目標設定はできるだけ具体的に

 

僕が昔たてた「1日20単語」という目標は、

明確な期間を設定していませんでした。

 

なんとなく本番まで続けばいいな〜的な?

浅はかすぎて逆に引く的な?

 

目標というのは、達成した瞬間を想像できなければいけません。

想像もできないようなフワフワした夢物語を語っても絶対に達成されないんですね。

 

よく自己啓発本にある、「目標を紙に書き出せば叶う」みたいな奴は

正しくなくて、正確には

 

「具体的に道筋を想像できる目標は紙に書き出せば叶う」

だと僕は思っています。

 

だって、本当に「目標を紙に書き出しただけで叶うんだったら」

 

「月収1000万」「1ヶ月で10キロ痩せる」「1日20単語覚える」

とか書いとけば勝手に達成されるってことになりますよね?

そんなことはありえないわけで、もしそうだったら世界は成功者で溢れてるはずなんです。

 

目標は具体的に創造できる範囲で書き出す、

つまり、目標までの道のりを具体的に逆算して決めていく。

 

これが目標達成には大事なんですね。

 

もちろん道は途中で適時訂正していってもいいですよ。

最初から完璧な道筋なんてできないので、

逆算して考えるということが大切なんです。

 

目標を日々のレベルに落としこむ

具体的な目標への道筋がぼんやりでも見えてきたら、

それを1日のレベルに落とし込みましょう。

例えば

「1日20単語覚える」とかだったら、

 

「今日は単語帳の1~20番まで覚えて、

明日はそれをさらっと復習しながら20〜40番まで覚える」とかね

 

なぜこんなことをするかって言うと、

こうやって毎日目標に一歩ずつ近づいているという感覚がないと

人って飽きて途中でやめちゃうんですね。

 

雲をつかむような感じで毎日進んでも辛いだけですから、

「俺は一歩づつ」進んでいるということを毎日自覚できれば

途中で投げ出すことも少なくなります。

 

まぁ、

目標をたてる →  達成する

というプロセスに慣れることで、成功達成くせがつくと言うメリットもありますね。

 

目標を紙に書き出す、人に話す。

これは自己啓発的な話ではなくて、

単純に「忘れない」ためです。

 

人間は忘れる生き物です。エビングハウス忘却曲線を知っている人はわかると思いますが、

人は〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜忘れます。

 

だからいくら目標を具体的に設定して、日々の目標まで設定したとしても、

それを書き出して目のつくところに置いておかないと

「忘れて」しまうんですね。

 

せっかく最高の目標設定ができたのに忘れてしまったら全く意味がありません。

時間の無駄です、無意味です。

だから、紙に書き出してください。

 

具体的な目標までの道はノートやマインドマップに書いておくといいですね。

僕はそうしてます。

あと日々の目標はタスク管理ツールで管理してますね。

Trelloとか、todolistとかがメジャーなタスク管理サービスです。

 

人に言うのは、自分を追い込む意味で言うんですけど、

 

最も効果的な方法は

がっかりさせたくない人、失望させたくない人に宣言することです。

別にどうでもいい知人に宣言したところで、あまり効果はないんですね。

 

「もし、自分が宣言した目標を破ったらこの人に失望されてしまう、

それだけは絶対に嫌だ!!!」

という相手に宣言することをお勧めします。

 

誰もが見落としがちな目標達成に一番大切なこと

 

ここまで

目標設定はできるだけ具体的に

目標を日々のレベルに落としこむ

目標を紙に書き出す、人に話す。

 

 

という3つのステップをお伝えしましたが、

実は目標達成にはそのほかにも大事なことがあります。

 

それは

「なぜ、その目標を達成したいのか?しなければならないのか?」

つまり、その目標を達成する必要性を明確にするということです。

 

人は必要性のないことに取り組む場合

必ずモチベーションという化け物に

邪魔をされます。

 

これが結構やっかいで、

 

別にやんなくてもいいかな〜

そんな気持ちに一度負けたが最後、

その目標が達成されることは一生ありません。

 

だからこそ、なぜその目標を達成する必要があるのか?

例えば

「1ヶ月で10キロ痩せたい」とかだったら、

好きな人に振り向いてもらいたいから、アプローチする勇気が欲しいからとか

 

「早起きする」だったら、

早起きして、独立するための勉強をして、来年には必ず今の会社を独立するとか

 

とにかく、その目標を達成しなければいけない理由を作って欲しいんです。

その理由が強ければ強いほど、目標達成は現実のものとなってきます。

 

ぜひ考えてみてください。

 

では今回はこの辺で

小学校に言われたことさえ、ちゃんとやっていれば目標達成できると思うんだけどなぁ

 

こんにちはボンドです。

仕事術の本とかを見ていると
言い方変えただけで、小学校で言われた事と対して変わらないよなぁと
最近感じています。

今の小学生がどうかは分かりませんが
とりあえず今の僕の仕事術(目標達成術)は、
よくよく考えてみると、ほとんど小学校の頃に習っていたことだった気がします。

ということはですよ、
あんなむずかしくて長ったらしい仕事術の本なんか読まなくても、

ちゃんと小学校で習ったことを思い出せば
最強なんじゃないか?
という僕の中の勝手な説について検証していきます。


次の日の準備は前日のうちにしなさい

これに尽きますね
だいたいこれさえできていれば大抵のことはうまくいくと思います。
ようは準備をちゃんとしなさいということです。

小学校のころ、
「次の日の教科書を前日のうちにランドセルに入れときなさい」
ということをよく言われました。

小学生なんで、
素直にやらないんですけど(苦笑

そうやって朝時間がなくてどたばたするわけですね

ほんで学校行ったら忘れ物なんかしたりして
プールなのに水着をわすれて見学とかしたりして
前日のうちに準備しとけばよかったと後悔するんですけど、
次の日もやらないんですよね(苦笑

これは別に小学生に限った話でもなくて、
例えば大学生や高校生が、次の日の講義の教科書の準備をしていなくて、
当日になって困るっていうのはよくあることなんですね。
ありますよね?あれ?僕だけ?
ありますよね?

宿題やレポートを家に忘れてきたりしましたよね?
別にしてなくてもいんですけど、

理解して欲しいのは、
こういう忘れ物だったり、細かなミスだったり、いろいろな失敗っていうのは

ほとんど準備不足のせいだと僕は考えています。
失敗ってのは、2度同じことでミスすることです。

1回目は、しょうがないんですよ
先生が前日に準備しなさいって言ったところで
大丈夫だろうって言ってやんないですね

でもそれで一回、忘れて
準備の大切さが分かれば2度同じことはしません。
普通はね、僕はしましたけど、、、

初めてのこと以外は、
準備さえしていれば大抵のことはなんとかなるんです。

これが小学校成功の法則の第一です。

 


勉強は毎日しないと後から困るよ?

勉強は毎日の積み重ねなんだということですね。

これは正直1番鬱陶しいことでしたが、
非常に的を得ています。

この記事(普段できないことが本番でできるわけがねえ)でも書きましたが、
普段できてないことがいきなり本番で、できるというようなことは、
あり得ません。あったとしてもマグレです。安定はしません。

普段勉強していない人が、
テスト前日になって、困るのは普通に考えれば当たり前のこと。

毎日の積み重ねが大事なんだということは、
人生の中でものすごく大事な考えです。

一夜漬けはその場しのぎですからね。
テストが終わったら忘れます。

この「あとから困るよ」というのは、
受験とか人生とかで困るよと言う意味だったんじゃないかな〜と

だったらそう言ってくれよ先生、、、
言ってたけど僕が聞いてなかっただけかもしれないけど、、、

毎日の積み重ねが大事、
小学校で習うのに、なんでみんなできないんでしょうか?

その理由は(というか僕の考え)、まとめでお話します。

これが小学校成功法則の第2

 

人の話はちゃんと聞きなさい

よく言われましたね。
先生の話はちゃんと聞きなさいと。

先生の言うことだけやってろという意味だったんなら
その先生は教育者として失格ですけど、

人の話を真面目にちゃんと聞きなさい
ということは本当に大切なことだと思います。

人っていうのは、人の話を聞くときに
何かしらのバイアスだったり決め付けをしています。

それについては僕の、メインサイトて詳しく解説しているんですが(URL)

簡単なところで言うと、

有名大学卒の人の話はすごい
中卒の人の話はくだらない

 

話を聞く前からこうやって決めつけてるんですね
その人が何を言うかも知らないのに

これはちゃんと聴いているとは、とても言えません。

人に話を真面目にちゃんと聞きなさい。
これは人間関係だったりコミュニケーションでも本当に大事な考え方です。

これが小学校成功法則の第3。

 

遊ぶときは遊ぶ、勉強するときは勉強する

メリハリをつけなさいってことですね。
授業中に遊ぶな的な

小学生にそれを強要するのは無理な話な気がしますけど(苦笑
だって授業中遊ぶのが楽しいんじゃない←

僕が勝手に解釈しているのは、
何事にも全力であれってことですね

勉強するときは、ゲームのことなんか考えないほうがいいし、
ゲームをするときは、宿題のことなんてサッパリ忘れてしまったほうが楽しいです。
(ゲームのご利用は計画的に)

結構みんな、なぁなぁでやってるんですよね、

大学に行った人は一度は感じたことがあるかと思いますが
けっこう授業中にスマホゲームしてる人が多いです。

他の大学の学生からもそういう話を聞きます。

で、お菓子食べながらくっちゃべりながらレポート書いたりしてるそうです。

これらの何がまずいかっていうと、
小学生から何も進化してないな君たちは、をむしろ退化してるんじゃないか?
ってことがまずいんですね。


小学生にそれを強要するのは無理な話な気がしますけど(苦笑
って書きましたけど、

大学生くらいになったらできるだろうと、、、
そんなことしてるから就活で困るんだと思うんですがね

メリハリをつける。

これが小学校成功法則の第4

 


つべこべ言わずにやりなさい(親だったかな?)

これは親だったが先生だったか忘れたんですが、
僕ってけっこう優柔不断な子供だったんですね。

だから何かをするにも、
「こうなったらどうしよう」「こう思われたらどうしよう」

とか考えて、なかなか行動しなかったんですよ。

いやいやイヤイヤイヤイヤ、つべこべ言わずにやれと
今の僕も言いたいくらい、臆病でした。

これって根性論とか精神論の話じゃなくて、
やって見なけりゃ分かんないんですよ。
なにごとも、

いや怖いんだけどね、恐ろしいんだけどね、恥ずかしいんだけどね、
でも、やって見なけりゃ分からないんですよ。

1回目はふつう失敗します。
でもそのおかげで、次の時への準備ができて、自身にも繋がります。

今になって思うんですが、
失敗はね、しといたほうがいいですよ。

大抵のことはまず失敗するんだって分かるから、
そうなってしまえばこっちのもんです。

コミュニケーション苦手の人が
女の人に話しかければ、変な目で見られるんだから

プレゼン苦手な人が、いきなり大勢の前でプレゼンすれば
悲惨なことになるんだから、

えぇそうですよ、僕のことですよ←

やりたい放題やって、2回目からきっちり準備すればいいんです。
まぁ2回目の失敗するかもしれないけどね、
それでいいんですよ、
自己嫌悪に陥る必要なんかない。

挑戦していないやつなんかの言葉を真に受ける必要なんてない。
成功してる人の姿を見て落ち込む必要なんてない。

まずは、つべこべ言わずにやれと、
当時は大嫌いな言葉だったけど、
今は大好きな言葉です。

これが小学校成功法則の第5。

 


大人になるにつれて余計なものがまとわりついてくる

今まで小学校で習ったいろいろな考え方を書いてきましたが、
ここで疑問になるのが、

なんで小学校で習ってきたことが僕たちは自然とできないんだろう?
ということです。

前日のうちに明日の準備はしないし、
毎日の積み重ねはしないし、
人の話は素直に聞かないし、(上辺だけでしか聞いてないし)
メリハリはつけないし、
失敗を恐れます。

何故なんだろう?
問題は複雑ですが、
たった1つだけ言えることがあります。

それは、
「言われたとおりにやりなさい」「大人の言うことが正しい」
という、間違ったことも同時に僕たちは教え込まれているからです。

アクセルと同時にブレーキも一緒にやらされるから、
上手くいかないんです。

大人になるにつれて、僕たちには余計なものがまとわりついてきます。

体裁だったり、常識だったり、建前だったり、上下関係だったり、権力だったり

そんなものを纏っているから、
小学校の頃に教えられた素直な成功法則に従えないんです。

最近思うんですよね。
小学生って楽しそうだし、精一杯生きてるし、キラキラしてるなぁと
ああやって居られたらすごい楽しいだろうなあと

いつから僕たちは重苦しい雰囲気をまとうようになったのかなと

今1度自分を洗濯して、
小学生の頃に習ったことを、愚直にやる。

それが成功や目標達成には必要なことです。
可能ならば、小学生の純粋な心をどこかに残しておく。

バカでいいんですよ、

そう思います。

今回はこのへんで、ではでは

ぼっちで何が悪い〜孤独への処方箋,拝啓16の僕へ〜

こんにちは、ボンドです。

 

ボッチじゃないよ、ボンドです。

 

最近いろいろと危機感を覚えてまして、

というのも、

 

高校の頃の記憶が薄れかけている!!!!

 

ということについてです。

 

卒アルとか見ててもこの先生いたっけ?(担任)みたいなことがあって

流石にやばいなと。

 

まぁ、タイトルの通り、ぼっちだったわけですが

でもそのおかげで今の自分があるんですよね。

 

なんかいろいろ辛かったりしたけど、

あのころがあったから今を頑張れるというのも間違いないんですよね。

 

人格形成が成されたのもあの頃だし。

 

というわけで

ぼっちで何が悪い〜孤独への処方箋,拝啓16の僕へ〜

書いていきまーす。